低侵襲緑内障手術(MIGS:microinvasive glaucoma surgery)

MIGSとは

MIGSとはMIGS(micro invasive gulaucoma surgery)は、低侵襲緑内障手術のことで、身体に負担が少ない緑内障手術を意味します。これまで、緑内障は基本的に点眼治療を行った上で、効果が十分ではなければレーザー治療手術を検討するという方針のもとに治療が行われてきました。
MIGSは点眼麻酔のみで行うことができ、体の負担が少ないだけでなく手術の所要時間も5~10分程度であり、早めの段階で眼圧を下げる手術を受けられます。広く一般的になった白内障手術のように、今後はMIGSによる低侵襲緑内障手術により、心身への負担が少なく安全で効果的な緑内障治療を幅広い方が受けられるようになると考えられています。

MIGSの手術方法

手術

線維柱帯は房水の排出口近くにあるフィルターのような組織で、ここが詰まって房水の排出量が減ると眼圧が上がります。家庭でもキッチンやバスルームの排水口にゴミが詰まれば流れが悪くなり、ゴミを取り除けば流れが改善します。
線維柱帯も目詰まりを解消することで房水の流れが改善し、眼圧を下げることができます。
当院では、線維柱帯の切開やインプラント留置によって房水の流れを改善し、眼圧を下げる2種類のMIGS(低侵襲緑内障手術)を行っています。

マイクロフックを用いた線柱体切開術

マイクロフックと呼ばれる非常に小さな器具を用いて行う手術です。 従来に比べて合併症も少なく、白内障との同時手術の際に行うことが多いです。
日本では谷戸先生が開発した谷戸マイクロフックが有名ですが、当院の庄司院長が開発した谷戸フック庄司Editionも普及しています。

谷戸フック庄司Edition

庄司フック

庄司Editionはオリジナルに比べ切開幅が広く、屈曲部がスリムになっていて、より広く薄く安全な切開ができるように改良されています。
さらに耳側切開用のアングルドタイプは屈曲部までの長さを長くすることで、視認性が向上しています。

カフークデュアルブレードによる線維柱帯切開術

角膜の小さな孔からカフークデュアルブレードを挿入して線維柱帯を切開することで、手術の所要時間も5~10分程度で済みます。非常に小さい器具ですので、目的の線維柱帯のみを切開することができ、結膜など周辺を傷付けずに手術が可能です。
白内障手術と同時に行われることが多いのですが、単独で行うことも可能です。白内障手術と同時に行うことで水晶体を傷付けてしまうことがなくなるため、より低リスクでの手術が可能です。
線維柱帯を切除しますので、術後には必ず出血し、出血によって目のかすみが生じることもありますが、ほとんどは数日で改善に向かいます。

iStent(アイステント)

医療用のチタンでできた、長さ1mm、100万分の1グラムというとても小さい筒状のインプラントがiStentです。このiStentを線維柱帯に挿入して埋め込み、房水の排出をスムーズにするMIGS低侵襲緑内障手術を行っています。
自然な房水排出をサポートする手術であり、切開の必要もなく安全性の高い手術です。
iStentのような非常に小さいものを決められた位置に埋め込む手術は高度でデリケートな技術が必要であり、専用の特殊な器具を使いこなすことで可能になります。
iStentを用いた手術は白内障手術と同時に行われ、切開創から専用の器具を挿入して線維柱帯にiStentを埋め込みます。白内障手術のためにつくった切開創から行いますので、新たに切開を行う必要はありません。
白内障手術と同時に行うことで、体への負担を最小限に抑えて視機能改善と眼圧を下げる効果2つが期待できます。また、眼圧が下がることで術後は緑内障治療の点眼薬の減薬や休薬につながる可能性があることから、点眼によるアレルギーや眼瞼炎などの合併症を起こしやすい方にも適した手術です。

手術費用

1割負担(片眼) 3割負担(片眼)
マイクロフック 18,000 60,000
カフーク 約18,000円 約60,000円
iStent 約18,000円 約60,000円

※あくまで目安の費用となります。
70歳以上で、保険負担割合が1割・2割の方は共に、自己負担限度額が18,000円です。
3割負担の方は57,600円以下です。
それ以上の窓口負担はございません。

TOPへ